運動習慣を身につけて中性脂肪を上げない身体を作ろう

忙しくて最近運動していないななんて思っていたら、健康診断で中性脂肪の数値の高さを指摘されたなんて経験がある人、きっと少なくないよね。
放っておくと脂肪肝に心筋梗塞、動脈硬化などのさまざまな病気のリスクが高くなるし、健康のことを考えたら放置は絶対にNG。

ただ、自覚のある運動不足を解消していけば数値の改善が見込めるから、そう難しいことではないとはわかっていても、普段身体を動かす習慣がないとなかなか重い腰を上げられないのが厄介なところ。
運動は苦手だし疲れることはなるべくしたくない、気持ちはよくわかるけれど、億劫だからと悩んでいても中性脂肪の数値は下がりませんよ。

確かに、運動しなきゃと意気込むと、あれもこれもやらなければといきなり難しいことをしようとしてしまいがち。
でも、一番大切なのは運動する習慣を身につけること、毎日のように身体を動かすようにすることなの。
中性脂肪の数値は1日2日で改善するものではないからこそ、目指すべきは、中性脂肪を上げない身体を作って維持していくことなんだよ。

そのためにも、まずは何よりも歩く距離を増やすことがポイントになるかな。
これなら簡単。
交通機関を利用して出勤しているのであれば1駅分歩くようにしたり、エレベーターやエスカレーターの代わりに頑張って階段を使うようにしたり、デスクワーカーなら休憩中じっとしていないで立って身体を動かすようにすると、それだけでも十分効果が見込めるよ。

健康維持のために厚生省が推進する運動指針は1日1万歩となってるけれど、普段その半分も歩かないような人にはいきなりだとハードルが高いから、7,000、8,000歩と少しずつ増やしていくのがおすすめ。
休日も家に篭っていないで、30分ほど出歩くようにしようね。

あとは、朝晩10回ずつでもゆっくりとスクワットをして、ふくらはぎと太腿の筋力アップを心がけるのもいいよ。
このくらいなら10分もかからずにこなせるから、運動が苦手な人でもできるし大丈夫。
特に太腿には大きな筋肉があって、それを鍛えることで基礎代謝がグンとアップして脂肪燃焼効率が向上するからぜひ取り入れてね。

まずは簡単な運動でOK。
無理せずに少しずつ身体を動かしていけば、何もしなかった頃よりもずっと健康な身体に変化していくよ。

関連記事

NO IMAGE

何が原因!?中性脂肪が上昇した理由はコレだ!

NO IMAGE

中性脂肪と生活習慣の関係とは?